阿部千春先生の試奏

昨日はドイツのケルンにお住まいで、演奏会のために一時帰国されていた阿部千春先生が当工房に足を運んで下さり、スパッラ2台と弓4本の試奏をしてくださいました。

阿部千春先生はバロック音楽が好きな方はご存知かもしれませんが、Concerto Köln (コンチェルト・ケルン)で活躍されるヒストリカル・ヴァイオリンなどの演奏家です。

ふだんからヴィオラ・ダモーレなども演奏されるということで、大きなスパッラも難なく最初から音を出されていました。弓の重さ、バランスによってのC線の鳴らしやすさの違いも聞かせていただき、大変参考になりました。

また、現在のコンチェルト・ケルンにおける取り組み、バロック・ヴァイオリンを習いたい方が直面する楽器や弓の問題、バロック演奏家の学術的な探求と実際のパフォーマンスの融合についてなど、多岐にわたるお話を聞かせていただくことができました。

特に楽器と弓については、日本国内ではまだまだ十分な供給がなく、また一見バロック楽器名乗っていても、実際には裏付けがなくなんとなく形を模して作られているために問題が生じることがあることなどについても意見を交換させていただき、短い時間でしたが大変多くの示唆をいただくことができました。

いろいろな着想もいただいたので、また機会があれば、ぜひ来年作る予定のバロック・ヴァイオリンなども含めて別の機会にご試奏いただければなあと考えています。

演奏会前の大変お忙しい時にお越しいただき、本当にありがとうございました!

 

追記:

阿部先生は大柄な方ではありませんが、すいすいスパッラを弾かれている姿を見せていただき、もちろん卓越した演奏家ならではことではあったのですが、一方で当工房で作っているぐらいのサイズであれば、演奏の技術的な面の克服はヴィオラなどとあまり変わらないのかもしれないと改めて感じました。

また当工房ではチェロとして売り出していますが、実は弦だけ交換すればヴィオラとしても使えるので(テレマンなどがviola pomposa のための曲を書いているようです)、ストラップのおかげで「誰でも弾ける比較的大型のヴィオラ(全長約460㎜)」としても活用していただける可能性が十分あると思いました。

チェロか、ヴィオラか、皆さんはどちらで活用されますか?!