初期バロック弓

初期バロック弓とは?

当工房では、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、ピッコロ・チェロ、ヴィオロンチェロ・ダ・スパッラをはじめとした楽器に合わせて初期バロック・スタイルの弓を製作します。

初期バロック弓とは、バッハなどの音楽を当時の演奏法に沿って演奏するのに最適な弓と考えられています。 →私の体験

このタイプの弓は、別名Clip in frogタイプとも呼ばれ、アジャスターがついておらず、フロッグが直接弓毛に張力を与える構造になっています。モダン弓に比べるととても軽いのが特徴です。

皆さんはJ.S.バッハが現在主流のアジャスター付きの弓をおそらくほとんど見たことがなかったと考えられていることはご存知でしょうか?モーツァルトの時代でさえもまだアジャスターつきの弓はさほど普及していなかったようです。実は、奏法の変化に合わせてアジャスターつきの弓が定着するのはだいぶ後の時代のことなのです。

 

初期バロック弓を特注してみませんか?

初期バロック弓は後世に改編されてしまい、オリジナルの状態で残っているものが非常に少ないため、当工房では残されたものをコピーすることはあまり意図していませんが、数少ない残された弓や文献資料をもとに、弓を再現し、今日気軽に楽しめるものとして作っていきたいと思っております。

初期バロック弓の資料をご一緒に集め、相談しながら、注文してみたいとお考えの方は是非お気軽にご連絡ください。

当工房では皆様の腕に合わせ、様々な重さのバロック弓を製作します。

※保護と海外渡航に制限がかかる問題のため、現在象牙の使用は基本的に行っておりません。写真の白いフロッグは、牛乳由来のイミテーション・アイボリーによるものです。