真野謡子さんの試奏

 

今日はヴァイオリニストの真野謡子さんにお越しいただき、肩掛けチェロを試奏いただきました。
真野さんはデン・ハーグで寺神戸亮先生と何年も前に知り合われていたそうですが、当時はモダン・ヴァイオリンを勉強されており、肩掛けチェロにも、バロック・ヴァイオリンにも触れられる機会はなかったそうです。
現在もヒストリカル・ガット弦は弾く機会はこれまでなかったというお話でしたが、初めて構えた肩掛けチェロでも最初から上手に見当をつけて発音をされていたのは素晴らしかったです。
当工房に肩掛けチェロを注文される演奏家のほとんどがヴァイオリニストであるとお話ししたところ、驚かれていましたが、今後もたくさんの方に直接この楽器にふれて、そのおもしろさを感じていただきたいと思います。
今日は梅雨の足元のわるい中でしたが、当工房までお越しいただきありがとうございました!