バディアロフWhatsAppグループの解散!

2017年の知る人ぞ知るオンライン・製図レクチャーから始まり、2018年を通じての肩掛けチェロ・レクチャー、2019年のスペイン・ランザローテ島ミーティングと年間を通じての製作活動…この間、私はディミトリー・バディアロフさんの主催したWhatsAppグループ(LINEのグループのようなもの)に入らせていただいていました。

3年間に渡り行われたことで、私自身は今年2020年からはグループには属さずに活動することをグループのメンバーにも少し前から告げていたのですが、期せずしてバディアロフさんも今後WhatsAppグループの結成は行わず、自分もグループから抜けると昨晩(オンラインのミーティングは日本時間の夜23時~午前1時ごろにいつも行っていました)話がありました。

WhatsAppグループのよさは、24時間時差と国境を超えて文字通り製作者仲間がつながっていられたので、その中での情報交換が活発になされ、お互いの調査を報告し合ったり、失敗や成功談を交換し合い、刺激をお互いが受けることができたことでした。

このような奇跡(仕事のタイミングという意味でも私にとっては奇跡でした)のような3年間をくれた友人であり、メンターを引き受けてくれたバディアロフさんには感謝しかありません。

バディアロフさんは今後は本当にやる気がある人には1対1の英語での有償直接コーチングはやっていく考えだと言っていましたので、おそらくそのように活動するのだろうと思います。

もちろん、3年間のチーム活動が始まる前からもバディアロフさんとはこの10年以上に渡って連絡をとりあっていましたし、これからも折に触れてそうすると思いますが、チームとしての活動はいったんこれで終わりとします。

バディアロフさんを日本に招いてレクチャーをしてもらいたかったのですが、彼の繁忙さは増すばかりで、残念ながら未だその目処はたっていません。私も何とか実現したいと思い、話してきたのですが、これについてはいろいろと物理的な障壁も多く、実現するとしてももう少し別のファクターが必要だと感じており、今後はまずそれを整えたいと考えています。

2020年の新しいプロジェクトはすでに動き出しており、今年も様々なことが起こるのではないかと楽しみにしています。これまでのグループの仲間たちとも今後連絡を取り続けていくと思いますし、またここから派生して準備中の計画もあるので、またこちらのサイトやSNSでお知らせをさせていただこうと思います。

追記:今後バディアロフさんとコンタクトをとりたい方のために

2019年にランザローテ島で行われた楽器製図を中心としたレクチャーとは異なる内容ですが、製作家向けのオンライン・マーケティングの勉強を中心としたライブ・イベント(合宿)がオランダのハーグで行われる可能性があります。

私は今回は参加しませんが、興味がある方は私からバディアロフさんにつないで差し上げることもできますので、遠慮なくご連絡ください。参加費は日本円で約20万円(航空券別)と聞いています。