納品

昨夕は、松浦友哉様に肩掛けチェロ、ヴィオロンチェロ・ダ・スパッラを納品させていただきました。

足元のわるい中でしたが、直接工房にお越しいただき、肩掛けストラップの長さ調整をさせていただいた上で、ご試奏と楽器の確認をいただきました。

楽器構造、セットアップ、ニスなど多岐にわたって試行と検証を繰り返してきましたが、最終的に楽しんでいただける器になったのではないかと思っています。

納品1~3か月後の少し弾きなれたころに、駒の調整などと合わせて、無償点検をさせていただきます。また今回は、肩掛けチェロに必要不可欠なストラップはもちろんのこと、弓と専用特注ケースもご要望によりつけさせていただきました。弦はもっぱらバロックを楽しまれているということで、アクイラ社のガット弦を張らせていただきました。

「これから修業が始まります(!)」という言葉に松浦様の熱意を感じ、とてもうれしく思いました。長年ヴァイオリン、ヴィオラを弾かれてきたということで、アンサンブルの通奏低音やソロなどでどのような音を引き出されるかとても楽しみにしています。